借地権の新法と旧法の違い

借地権の新法と旧法の違いについて
未分類

借地権―規模の大きい契約

2017年5月26日

私達は仕事上で、取引先と何らかの契約を結ぶことがあるかもしれません。それは、相方にとって良い取引となるはずで、たいていは公平な条件のもと結ばれるもののはずです。ですから、どちらかが契約上違反となるようなことは行いませんし、互いの信頼関係があって成り立っているものである、ということを分かっています。私達も、仕事でそういった機会があれば、いわゆる『契約』について再度考えてみることがあるかもしれません。

私達が普段結ぶ契約は、たいていが私達個人に関するものですが、より多くの人を対象とする契約もあります。例えば、私達が個人ではなく会社を相手とする契約を結ぶ場合、また、もっと『大きな』ものについて、契約を結ぶ場合、そういった場合があるでしょう。ここで言う『大きなもの』とはどのようなものでしょうか。今回取り上げるのは、『土地』という、規模の大きいものに関する契約です。いわば『借地権』と呼ばれる権利に関する契約のことです。

契約は、規模が大きくなればなるほど、慎重にその契約について考えることになります。店頭でポイントカードを作るのとはわけが違うからです。そして、それはときに法的な側面からも物事を考えます。もし契約違反があった時に、どのような影響があるのか、そういった点まで考えるかもしれません。『借地権』契約に関しても同様ですが、その前にこの借地権が、そもそも『昔と今』では異なっている、という点に関して考える必要があります。