借地権の新法と旧法の違い

借地権の新法と旧法の違いについて
未分類

新法と旧法での主な違い

2017年5月30日

法律が改正される時は、その改正にもちろん意味があって行われるものです。そうすることによって、より施行される法律を質の高いもの、時代に合わせたものとします。旧法が持っていた改善点を、新法に適用することになります。では、借地借家法における旧法には、どのような改善するべき点があったのでしょうか。

旧法では、現代の借地借家法にはない分類がありました。それが、『堅固建物』と、『非堅固建物』の違いです。言葉でなんとなくイメージは浮かぶと思いますが、堅固建物はいわば、鉄筋コンクリートで建てられた建物や、石造りの家など、いわゆる『頑丈な建造物』がそれに適用されます。そして、現代でもありますが『非堅固建物』には、『木造』が含まれるでしょう。それらの分類は曖昧なものとなっている点が、改正されて分類が無くなりました。

異なっていたという点、また、地主が(正当な理由なく)契約の解除を行えなかった、という点が挙げられます。新法においてそれらは改正され、より公平な、別の言い方をすれば貸し主にとっては解約がしやすい法律になりました。これ以外にも変更点はありますが、このような点が旧法から新法にかけて改正されています。